20191126日オスロで開催された対人地雷禁止条約(オタワ条約)検討会議で東北アジア研究センター佐藤源之教授が地雷除去技術を紹介しました。

 

対人地雷禁止条約(オタワ条約)検討会議は地雷廃絶の進行状況を確認するため開かれる5年ごとの国連主催の会議であり、第4回会議が201911月オスロ市(ノルウエー)で164カ国から政府関係者、国際機関、NGO等が参加し開催されました。この大会では外務省と東北大学東北アジア研究センターがサイドイベント「日本の地雷除去技術」を共催し世界各国の地雷除去関係者約50名が参加しました。尾身外務大臣政務官が日本の地雷対策への取り組みを紹介した後、佐藤源之教授が我が国初の地雷検知センサーALISの概要を説明し、カンボジアでのALISによる地雷除去活動の状況、共同研究が開始されたコロンビアでの現状などが報告されました。また岡田南スーダン大使が現地での国連と協力した地雷除去の取り組みを紹介しました。

東北大学で開発された地雷検知センサーALISはカンボジアでの利用が既に開始され、今後コロンビアなどの地雷被災国での利用が検討されています。

 

 

Agenda

 

1.    Opening Remarks

 

2.    Address from the Japanese government

OMI Asako (Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs of Japan)   

 

3.    Demining Machine technology (Komatsu Ltd.)

 

4.    ALIS development and activities, demonstration of operation

SATO Motoyuki (Professor, Tohoku University)         

 

5.    Advanced Landmine Imaging System (ALIS) development in Cambodia       

Srey Rithisak (Deputy Director, Research and Development, CMAC) 

 

6.    ALIS activities in Cambodia                                                                     

(IMCCD/CMAC), SATO Motoyuki (Professor, Tohoku University)

 

7.    Mine clearance activity in Colombia                                                        

Álvaro Jiménez Millán (Director Nacional, Campaña Colombiana Contra Minas)

 

8.    Science plan of ALIS in mine affected countries                                                  

SATO Motoyuki (Professor, Tohoku University)

 

9.    Mine clearance in South Sudan and Support by Japan         

OKADA Seiji (Ambassador of Japan to South Sudan)

 

10. Discussion and Questions

 

11. Closing remarks